migaru hack

暮らしをミニマムに、好きなことは好きなだけ。

仕事をやめない理由は?働き方をミニマムにできるだろうか?【働き方改革】

f:id:migaruhack:20180111182500j:plain

正月休みが明けて、仕事がほんとう憂鬱ですよね。休んだ反動か、働く意味がわからなくなってきました。

仕事をしていると、嫌なこと・面倒なことがたくさんあって、やめてしまいたくなりますよね。弱音をこぼすと、それぐらい当たり前だよ、仕事なんだから、と慰めてももらえなかったりして。我慢と引き換えにお金をもらうのが仕事なのだ、と思いがちですが、それは単なる思い込みなのかも?

 

お金は我慢の対価じゃない。

 

オーディブルでこの本を聞いたことがきっかけで、仕事ってもっと自由なんじゃない?と思い始めました。

組織のために働いても、組織が自分を幸せにしてくれる保証はない。

このフレーズに目からウロコ、というか。当たり前のことなのに、どこかで期待していたのかもしれません。 自分を幸せにするのは、自分自身以外ありえないのに、他人に勝手に期待して、自分の行動を狭めている。

 

仕事をやめられないのはなぜ?

今の組織(職場)は、決して悪いところではありません。むしろ、かなりホワイトなほう。単に私の問題で、仕事がイヤ、というか、組織がイヤ。

誰かと協力して仕事をやるより、ひとりでやってしまうほうが楽に感じる。たぶん原因は、「お願いすること」が苦手なこと。忙しそうだし声かけにくいなーとか、お願いしたら嫌がられるかなーとか。

でも、

  • 周りの人に悪いから
  • 仕事を続けられない人と思われるから

やめられないのです。

 

まとまらない、まとめ

思考のような愚痴のようなことを取り留めもなく書いてみて、いまぼんやりと感じているのはこんなこと。

  • お金をもらう代わりに嫌なことを我慢すること=仕事ではない(大半だけど)。
  • 仕事をやめないのは、周りを気にする自分のせい。
  • 周りを気にしすぎるから、働きにくいのかも。

自分なりの働き方改革

働き方改革=労働時間短縮、生産性向上というのが一般的だけど、個人レベルでは、自分自身が仕事で感じるストレスを削減していくのが大事かも。

嫌なことを我慢できないから、好きなことを仕事にするとか。周りを気にしてしまう性格で組織で働くとしんどくなるから、独立するとか。

もやもやはまとまらないのですが、今日はこのへんで。暮らしまわりだけじゃなくて、働き方もシンプルにしていきたいな。