migaru hack

暮らしをミニマムに、好きなことは好きなだけ。

断捨離はドミノたおしのよう。服を減らしたら、チェストを手放すことができた話

いきなり「持たないくらし」を始めることは難しい。
モノがたくさんある部屋から、モノのない部屋にいきなり変えようと思えば、できないこともないけれど、捨ててはいけないモノを捨てて後悔することもあるでしょう。

急がばまわれ。
小さなモノからすこしずつ、断捨離を続けていれば、いつか理想の「持たないくらし」が実現できる。

わたしがそう感じたのは、チェストを断捨離できたときのことでした。

チェストの断捨離には時間がかかった

f:id:migaruhack:20180514201319j:plain
このチェストは、下着やパジャマをいれて、ベッドサイドにおいていたもの。
いまとなっては、いらなくなったモノですが、むかしのわたしにとっては服を収納するための必需品でした。

上の引き出しにはタンクトップやヒートテック
真ん中の引き出しにはタイツや靴下
下の引き出しには化粧品や雑貨をいれて、
チェストの上には明日着る服を置いていました。

インナーの収納兼雑貨の収納といったかんじ。

チェストが不要になった理由は?

先日、インナーを持つ数を決めてから、収納をしなおしたところ、今まで靴下をいれていた箱(20×10×7位の大きさ)に、下着・タンクトップ・靴下など普段着るインナーが収納できてしまいました。

▼関連記事
www.mgrhack.com


インナー用にとってあった引き出し2つぶんの収納スペースが、箱1つですむようになったので、チェストがいらなくなったのです。

断捨離は、ドミノ倒しのよう

インナーの断捨離って、些細なことですよね。簡単にできます。
ですが、この断捨離のおかげで、ぜったいに必要だと思っていたチェストを手放すことができました。


断捨離を少しずつ進めていくと、だんだん手放せるものが増えていく。
それも、大きくなっていく。
インナーを断捨離したら、収納家具も減らせる。

なんだかドミノ倒しみたいです。
そのうち、「タンスもいらない」と言える日が来るのかもしれません。

まとめ

  • モノを減らしつづければ、収納家具も断捨離できる。
  • 小さなことから断捨離を始めれば、しだいに持たない暮らしに近づける
  • 部屋も広くなって、ミニマムな暮らしは快適!


▼服の断捨離についてかいた記事はこちら
www.mgrhack.com
www.mgrhack.com
www.mgrhack.com