migaru hack

ミニマリストになれば、豊かになる

ふるさと納税はやらないと損!節税にもなる返礼品の選び方とは?

ふるさと納税ってほんとうにお得なの?

 

断言します。お得です。

だまされたと思って、一度やってみることをお勧めします。

 

ふるさと納税は、簡単に言えば『美味しいものを食べられる納税』。 私は去年2万円分の寄付をして、北海道直送ジェラートをいただきました。おいしかった…!

 

この記事では、去年私が発見した、ただでさえお得なふるさと納税をよりお得にする方法をお伝えします。

 

 

 

ふるさと納税ってタダでお礼の品(食べ物)がもらえるの?

ふるさと納税した金額は、丸まる納税に使われる、というわけではなく、納税にプラスして2000円の自己負担金を納めないといけません。

つまり、2000円の自己負担金がお礼の品と交換になるわけです。

 

一方、よりお得にするために理解しておくべきなのは以下の2点。

  • 2000円の自己負担額は一定
  • ふるさと納税できる金額が多いほど、お礼の品も豪華になる。
できるだけたくさん寄付するとお得になります。2000円でカニ一杯の人もいれば、2000円でカニ二杯の人もいる感じですね。

 

ふるさと納税できる金額は、年収などで決まります。

年収400万円の独身者または共働きの方であれば控除上限額の43,000円まで寄附ができ、41,000円分が所得税や住民税から還付・控除されます。ご夫婦で暮らす年収600万円の方は68,000円、妻と中学生のお子さん1人を扶養している年収700万円の方であれば77,000円が目安です。

 

引用:控除金額シミュレーション | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

 

ふるさと納税をよりお得にする節税方法

f:id:migaruhack:20180130195734j:plain

 

実は、ふるさと納税の自己負担金2000円を節約する方法があります。ポイント還元です。ふるさと納税の返礼品を選ぶときに、楽天市場を使いましょう。 楽天カードユーザーなら、楽天市場で買い物をすると、購入額の数%がポイント還元されます。

 

私は5%還元されるので、1万円の買い物で500円分のポイントが貰えます。 2万円をふるさと納税しましたので、ポイント還元1000円でした。限度額が4万円だと、負担金は実質0ですね…!

 

このように、楽天カードユーザーだとふるさと納税の自己負担金を、『楽天ポイントの還元』で節約できます。こんな節税アリなのでしょうか…?  

 

まとめ:ふるさと納税は楽天ユーザーが得をする。

ふるさと納税は、納税可能額が大きいほどお得になります。自己負担金が2000円と一律なのに、納税金額が多いほどお礼の品が豪華になるからです。

 

さらに、楽天ユーザーなら、楽天市場を通じてふるさと納税をすることで楽天ポイントが還元されるので、自己負担金を実質0円にすることが可能です。楽天カードを作ったり(年会費無料なうえに。新規入会キャンペーンで5000円~8000円のポイントがもらえることも)、楽天モバイル を利用するなどして楽天市場での買い物の還元率をあげてから、楽天市場でふるさと納税をしましょう。

 

食品や家電など返礼品はたくさんあるので、家計の節約もできますよ。