migaru hack

暮らしをミニマムに、好きなことは好きなだけ。

【断捨離のコツ】少ない服で暮らすためにまず捨てるべき服とは?ミニマリストが伝授

こんにちは、ゆとりミニマリストのゆきです。


わたしは、断捨離を繰り返すうちに、『こんなにあっても、いらないよなぁ』という感覚が育ってきました。
ここが少ない服で暮らせるかどうかのターニングポイントだなぁと感じています。

www.mgrhack.com

「こんなにいらない」が断捨離を加速させる


f:id:migaruhack:20180509193313j:plain


「こんなにいらない」という感覚をはじめて実感したのは、ワンマイル着を断捨離したときでした。

ワンマイル着を断捨離した話

『遊びにも、仕事にも着ていくことはないだろう』という服ってありますよね。
わたしは、そんな服を家にいるとき・近所に出かけるときに着る服、いわゆる『ワンマイル着』と位置付けて持っています。
予定のない休日など、『服は適当でいいや』という日に着られる、そんな適当な服というのも必要だからです。


とはいえ、ワンマイル着は、断捨離できそうでできない服なので、どんどん増えてしまいました。
「適当でいい」日が毎日なわけでもないし、収納スペースがもったいない。
ワンマイル着を並べてみて、こんなにいらないなぁ、と感じました。

こんなにいらない→何枚あればいい?

ワンマイル着を「こんなにいらない」と感じてから、断捨離するために、「何枚あればいいのか」を考えました。

『予定のない休日』は、土日の休日二日分。
けど、三連休も全部暇なんてこともあるかも。
最大で、三日分かなぁ。


ということで、3日分だけ残すことにしました。
ワンマイル着のなかから好きなモノを3日分だけとって、残りは断捨離できました。

www.mgrhack.com


まとめ

  • 断捨離するのに、いちばん大事なのは『こんなにいらない』という感覚。
  • 「こんなにいらない」と気づけば、じゃあ『何枚あればいい?』と考えられるようになる。
  • 断捨離がうまくすすまないときがあれば、『こんなにいる?必要?』と確認することがおすすめ。


www.mgrhack.com

www.mgrhack.com