migaru hack

暮らしをミニマムに、好きなことは好きなだけ。

【私服を制服化する方法④】簡単!少ない服でコーディネートを作るための考え方のコツはたった2つ。

f:id:migaruhack:20180128183151j:plain

 

毎朝コーディネートを考える時間がない!

朝、適当に決めた服装はなんだかださくて落ち込む…

服にかけるお金を節約するために、少ない服で暮らしたい!

 

以上のことにあるある~と思った方におすすめの、ミニマリスト流私服の制服化する方法講座です。過去記事はこちら。

通勤服を制服化しているミニマリストのわたしが、私服を制服化するときの考え方を紹介していきます。

 

www.mgrhack.com 

www.mgrhack.com

 

www.mgrhack.com

 

さて、これまで書いたことは以下の3つ。

  • コーディネートを何パターン作るかで、必要な服の数は変わること
  • 服の数は増えるけど、他人の目線を考えるなら5パターンが無難
  • コーディネートはかけ算で考えると服の数がミニマムになる

 

この記事では、コーディネートをかけ算で考えるための服の選び方をお伝えします。

 

コーディネートをかけ算できない場合がある 

手持ちのワードローブのなかで、トップス3枚とボトムス3枚をイメージしてください。それぞれの服を組み合わて、3×3=9つのコーディネートはできますか?

 

組み合わせがおかしくなる、人前に出れないようなコーディネートが1つはできてしまうかと思います。その原因は、色ですよね。

 

例えば

  • トップスの色が、ピンク・白・紺
  • ボトムスの色がボルドー・白・黒

だったとすると…9つのコーディネートのうち、以下の2つのコーディネートは避けてしまいそうです。

  • ピンク×ボルドー(派手)
  • 白×白(着こなすのが難しい)

このように、色合せがいまいちなコーディネートができてしまうことがあります。逆にいえば、色合わせさえできれば、かけ算でコーディネートするのが簡単になります。

 

色合わせを意識して服を選ぼう

 

コーディネートとしてイマイチな色の組み合わせは?

  • カラフルな色×カラフルな色
  • 同じ色どうし

さきほどの例を一般化しました。

 

イマイチな色合わせを避けるには?

イマイチなコーディネートをしないためには、制服化に使う服を選ぶときに以下の点に気を付ければいいですね。

  • トップスとボトムスで色が被らないようにする
  • カラフルな色はトップスかボトムスどちらかに固める

 

制服化に取り入れるべき色は?

色合わせを簡単にするのは、ベーシックカラーの服。

白・黒・紺・ベージュ・グレー・ブラウン。

 

カラフルな色とは逆に、たいていの色に合いますので、トップスにカラフルな色を固めるなら、ボトムスはベーシックカラーで統一しておくと、すべての色を組み合わせられますよ。

 

さっきの例を改善するなら…

  • トップスの色が、ピンク・ボルドー・水色
  • ボトムスの色が、紺・白・黒

こうすれば、色合わせがおかしいコーディネートはできません。

 

まとめ

私服の制服化に役立つかけ算コーディネートをするとき、でネックになるのが色。カラフルな色の組み合わせ、単色の組み合わせは派手すぎてイマイチなコーディネートになってしまいます。

なので、制服化に使う服を選ぶときは 以下の二点を意識しましょう。

 

  • トップスとボトムスで色が被らないようにする
  • カラフルな色はトップスかボトムスどちらかに固める

 

これでかけ算コーディネートが楽にできますよ:)