migaru hack

暮らしをミニマムに、好きなことは好きなだけ。

「世界一ふざけた夢の叶え方」で本当に夢が叶う可能性を感じた【朝活サロンのオフ会にて】

世界一ふざけた夢の叶え方」によると、夢の叶え方はとてもシンプル。

  1. 夢をノートに書く
  2. 仲間に「お前ならできる!」と応援してもらう
  3. 仲間と定期的に進捗状況を共有する

 

これだけのことで、本当に夢は叶うの?

なんだか信じられない・・・

たまたまじゃないの・・・?

 

わたしもそんな風に思っていましたが、実際に夢をノートに書き、仲間に応援してもらうという経験をしてみると、夢に対しての考え方が180度変わりました。

 

その貴重な体験をご紹介します!

 

朝活サロンのオフ会にてセカフザワークを体験!


f:id:migaruhack:20180327210731j:image

先日、わたしが12月より参加している朝活サロン(現在は早起きキャンプに参加中)のオフ会に参加しました。関東・関西・九州と全国各地より集まった、オンラインでつながっている朝活仲間とランチ&おしゃべりで楽しいひとときを過ごした後、「世界一ふざけた夢の叶え方」に基づいたセカフザワークをしました!

 

セカフザワークとは?

朝活サロンの主催者、実り多き人生のみのりさんが「世界一ふざけた夢の叶え方」をもとに考案されたワークです。流れは以下のような感じです。

 

  1. 画用紙に「叶えたい夢」を書く
  2. 仲間に自分の夢を語る&仲間の夢を聞く
  3. 拍手&「おめでとう!」(もう夢が叶ったつもりで)
  4. 画用紙に応援のコメントを書きあう

 

夢を書くのはこわいこと?

叶えたい夢を書く、といっても何を書こうかすごく迷いました。せっかく書いたのに実現できなかったらどうしよう、という怖さもあって・・・「叶えられそうな夢」を書こうかなとも思っていました。

 

こんなようなことです。

  • ブログを成長させたい(収益〇万達成!とか、〇PV達成!とか)
  • 年末までに結婚話をまとめたい(笑)
  • このブログより情報性&特化性の高い、メディアのようなものをつくりたい
  • 在宅で月〇万稼いで、外に働きに出なくてもいいようになりたい

 

でも、ワーク開始時にみのりさんが「自分ができそうなことは書かなくても叶うから!」と言ってくださって。たしかに、わたしが考えていたことは、夢というより「達成可能な目標」なのかも、と思い大幅に方向転換し、「叶いそうにない夢」を書くことにしました。

 

わたしが書いた夢

自分には無理だよなぁ、とあきらめてしまっていた夢…実は朝活サロンの活動の中で、「自分のやりたいこと」と向き合ってすこし顔を出してはいたし、ブログにもちょっと書いていたのですが、ついに掘り起こしました。

 

それは、「小説家デビューする」という夢。

 

限られた人しか実現できないことです。才能も努力も必要です。 画用紙に書くのも、仲間に伝えるのもすごくこわいことでした。実を言うと、夢について話しながら泣いてしまいました。なんとなくですが、「叶いそうな夢」について話すなら泣かなかっただろうと思います。

 

もちろん、仲間には「おめでとう!」の拍手と応援のメッセージを貰えました。ワークの決まりだからとはいえ、夢が否定されないこと、夢を応援してもらえること、「おめでとう!」の拍手で叶った瞬間をイメージできたこと…どれも、貴重な体験で。 前に進む勇気がもらえました。

 

オフ会から帰る電車の中で、具体的にこれからどうするか、停滞していたアイデアも浮かび・・・!文字であれ、言葉であれ。夢を放ってみることが、「世界一ふざけた夢の叶え方」の第一歩だと実感した一日でした。

 

「世界一ふざけた夢の叶え方」で夢が叶うと思う理由

このオフ会でわたしがわかったことは、「世界一ふざけた夢の叶え方」は再現性があるんだろうなということです。

 

というのも、仲間の夢を聞いているとき、「あぁ、叶うだろうなぁ」と疑うことなく思えたから。仲間のみなさんも、おそらくわたしのように「こわさ」を感じながら夢を書いているはずですが、その内容を聞いても、「そんなこと、叶わないだろう」と感じませんでした。 だから、もしかすると、わたしの夢もそう思われているかもしれません。

 

なんとなくですが、「叶いそうにない夢」でも、文字にすれば、「到達可能な目標」に変異するという気がします

 

まとめ

  • 「世界一ふざけた夢の叶え方」には再現性がありそう
  • 理由1:夢を叶えようという気になり、行動目標が思い浮かぶ
  • 理由2:仲間の夢を聞いているとき、「叶うだろう」と心底思えたから