migaru hack

暮らしをミニマムに、好きなことは好きなだけ。

【わたモテ考察】南さん(キバ子)がぼっち化?もこっちはなぜモテだした?【喪133】

わたモテ(私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!)最新話、喪133「モテないし先輩後輩の関係」の考察記事です。

www.ganganonline.com

 

今回は、再びタイトルに変化が。

なんと、サブタイトルの「モテないし」が復活しました

作者の付け忘れだったようです。

 

さて、当ブログでは喪132の考察が途中ですが、気にせず最新話を考察します(続きは気が向いたら書きます!)

 

www.mgrhack.com

   

 

喪133:モテないし先輩後輩の関係 

毎回、考察と感想がごっちゃになるので、さくっと話の流れと感想をまとめます!

 

話の流れを3行で

  1. 昼休み。もこっちはまこっち&ゆりちゃんと一緒にごはん
  2. もこっち食後の散歩へ。入試で知り合った1年生(モテすぎてぼっち)と会話するも、親衛隊(吉田さん、ネモ、ゆりちゃん)が集合し、1年生は孤独な感じに。
  3. もこっちは、ネモと、そして1年生とお昼を一緒に過ごすことを約束するのでした。

 

今回のテーマは、「後輩との出会い」と見せかけて「お昼休み誰と過ごすのか問題」のように感じました。

 

喪133のベストシーン3選

個人的に面白かったシーンを選びました。

 

  • 狂犬かよ・・・


f:id:migaruhack:20180405214458j:image
f:id:migaruhack:20180405214501j:image

もこっちにおみやげのお礼(プリン)を渡した吉田さん。

知らぬ一年生(平沢さん)にガン見されてキレてしまった彼女へのもこっちの感想が絶妙すぎます。

もこっちの言葉選びのセンスがいつにもまして強烈~。

 

  • もこっちが少女漫画の主人公に・・・


f:id:migaruhack:20180405214529j:image

普通にかわいい・・・!(笑)

もこっちの弟ももてるし、磨けば光る説ありますね。

 

  • イジワルしてくるライバルの女ポジションの女


f:id:migaruhack:20180405214539j:image


f:id:migaruhack:20180405214555j:image

もこっちとの約束を交わして喜ぶ一年生(平沢さん)に、うっちーがイジワル女の定番のセリフを吐いていきました。

またストーカーしているようです。

 

考察:お弁当誰と食べるのか問題

今回の話では、お昼休みを誰と過ごすのかが比較されている気がしました。

お昼休みって、日々の学校生活のなかで交友関係によって充実度に差が出る時間ですよね…

友達がいないと、クラスにもいづらいですし。

 

もこっち周辺の昼休みの過ごし方

今回の話から、もこっち周辺の交友関係を整理するとこんな感じです。

 

  • もこっち、ゆりちゃん、まこっち:一緒にお昼を食べる。途中でもこっち散歩へ。時間をおいて、ゆりちゃんはもこっちのところへ。まこっちは不明。
  • ネモ、岡田、加藤さん:一緒にお昼を食べる?その後、ネモはもこっちのところへ。
  • 吉田さん:誰とお昼を食べているかは不明。食後はもこっちのところへ。
  • 南さん:まこっちとお昼を食べたいが、諦めてサチ(前クラスの女子)のほうへ。
  • 一年生(平沢さん):クラスの女子の中で浮いていてぼっち。男子とごはんを食べている。

 

 遠足を経て、特にネモや南さんの交友関係がどうなるのかな~と楽しみにしていたのですが、妥当な感じで落ち着いたと思います。

 

南さんは、その性格ゆえに岡田たちとは仲直りできていないし、まこっちに頼ろうとしている。

ネモは、リア充グループ(岡田たち)とも、もこっちともまんべんなく付き合っている感じ。

もこっちは相変わらず、ゆりちゃん・まこっちと一緒にいる。

 

唯一意外なのは、まこっち。

教室内で南さんといっしょにいることはなさそうですね。

 

南さん、ぼっち化?


f:id:migaruhack:20180405214631j:image

冒頭に登場した南さん。

今まで昼ご飯を(なんとか)ともにしていたであろう岡田たちと遠足で喧嘩してしまい、(今日から誰とお昼を食べよう・・・)

 

ほんとうにリアルですよね。

高校生にとって、お昼ご飯を食べる人がいないというのはすごく気になることだと思います。

 

南さんのように、もこっちのような「ぼっち」なクラスメイトを馬鹿にしてきていたなら尚更。

自分が、自分がかつて馬鹿にしていた「ぼっち」になるのは耐えられないわけです。

 

南さんの頼みの綱はまこっちなわけですが・・・


f:id:migaruhack:20180405214647j:image
f:id:migaruhack:20180405214658j:image

  • まこっちとごはんを食べたいけど、まこっちには友達(ゆりちゃん&もこっち)がいる
  • ゆりちゃん&もこっちと仲良くなるのは気が進まない
  • というか、なれそうにない 

 というわけで諦めます。

 

クラスでぼっち化しそうになったときのこんな葛藤、経験のある人も多いかと思います…

わたしも学生時代は友達を作るのが下手なほうだったので、南さんの気持ちはよくわかります。

だんだん南さんに同情してきました。

 

南さんはもこっちをあきらめ、(いやだけどサチのところへ行こう)と他のクラスへ移動します。

サチ、というのは去年のクラスで仲良くしていたグループの一人です。

f:id:migaruhack:20180218204142j:plain

のっぺらぼうの黒髪の子かな?

 

「いやだけど」というのは、「サチ」がいやなのではないと思いたいですね。

じゃあなにがいやなのかといえば、「クラスに居場所のないひと」と認識されてしまうことかなーと解釈します。

 

この遠足のときみたいに、いざサチたちのところへ行けば、「あれ、3-5の人は?」って言われるでしょうから。

傷口に塩ですね。

サチたちもおそらく南さんのように悪口を平気でいうタイプな気もしますし、マウンティングがはげしそう。

 

とりあえず、結論としては、南さんは3-5内の交友関係は諦めた(クラス内ではぼっち化した)ようです。

南さんは主役を張ることはなく、今後もこのようにストーリーのはじっこで悩んでいる様子がメインになりそう。

 

もこっちがモテだした理由

今回の「お弁当を誰と食べるのか問題」で、もこっちはひっぱりだこでした。

  1. もともと食べていたメンバー(ゆりちゃん、まこっち)
  2. 一年生に「これからお昼一緒に食べませんか?」と誘われる
  3. ネモに「明日いっしょに学食行かない?」と誘われる(わざわざもこっちを探してまでいうことだったのか?)

 

どんどんもこっちのモテが加速しているわけですが、この理由は、一年生が言っていた「先輩にだから言えるんですけど」がヒントになっている気がします。

 

もこっちは、ぼっち経験を経て、ある意味悟っているようなところがあります。

「ぼっちでもまあなんとかなる」と。

 

そして、誰も拒みません。

心の中ではいろいろ思っていても、口に出しては言いません。

 

めんどうくさい交友関係に疲れている女子たちにとって、「いっしょにいて気楽」な存在なのではないでしょうか。

 

  • ゆりちゃん→友達の少ない黒木さんなら、(友達が多いまこっちと違って)わたしを一人にしないだろう
  • ネモ→本性(高校入試の時のうぇーい)を隠しているクロなら、自分も本性を出して話してもいいだろう
  • 一年生→ぼっちの先輩なら、ぼっちのわたしとごはんを食べてくれるだろう

 

こんな風に、人それぞれの理由でもこっちを求めた結果だと思います。

(うっちーは、レズ要素が強めですが・・・)

 

ゆりちゃんやネモが一年生にキレているのは、心のオアシスが奪われてはたまらんという感じでしょうか。

 

まとめ:モブとサブキャラと主人公

  • 喪133は、新キャラ登場&お弁当問題回
  • 南さんはクラス内人間関係から外れてしまった
  • もこっちがモテだした理由は、人間関係に疲れた女子のオアシス的存在になっているから?

 

南さんについての考察記事はこちら

 

www.mgrhack.com

www.mgrhack.com

 

 

もこっちの成長っぷりはコミックス参照

 

ぼっち卒業:~2年生卒業式

 

 

交友関係が広がる:修学旅行後~3学期途中