migaru hack

身軽に暮らしたいミニマリストがお金の話をするブログ

100万円の資金でIPOに参加した感想|資金移動が面倒!200万円あれば楽になりそう

資金100万円で6月・7月のIPOラッシュに参加しましたが、けっこう資金移動がめんどくさかったです。そのうえ落選ばっかり(22連敗)でした。


この記事ではIPO資金を100万円から増やすべきか否か考えていきます。

100万円の資金でIPOに参加した感想

f:id:migaruhack:20180802192023p:plain:h200
なかなかうまくいきませんね

私のIPO資金は100万円+予備(普通預金のお金)で、開設している口座は6つ(SBI証券・SMBC日興証券・みずほ証券・大和証券・野村証券・楽天証券)。ビギナーズラック(?)でラクスルが当選したものの、それ以来落選続きで22連敗中です。


6月・7月のIPOラッシュにこのような環境で参加したものの…正直結構大変でした。資金移動が大変で、

資金移動がめちゃめちゃめんどくさかった

一番のネックは証券会社から証券会社への資金移動がめんどくさいうえに時間がかかってしまうことでした。銀行から証券会社に入金するのはネットで手続きすれば一瞬なのに、出金するのは1~2営業日かかる。なんで!?


この証券会社は抽選終わったから出金して、次はこっちの証券会社にいれて…と資金の管理が大変でした。IPOラッシュの時は、あらかじめ各証券口座に必要な金額を入れておけるだけの資金があるのが理想。


BB参加できない証券口座が多数…特にSMBC日興証券

f:id:migaruhack:20180802192213p:plain:h200
土日祝は営業日じゃないのさ


上述した通り出金に時間がかかるので、どうしても資金移動が間に合わなくてBB参加を断念したIPOが複数ありました。100万円あればラッシュのときでも主幹事からはBB参加できたので、全く参加できないというわけではなかったけどせっかく口座があるのに平幹事からはあまり参加できなかったのはもったいなかったなぁ。


あと、普通に資金が足りなくて資金の使い回しができないSMBC日興証券からはほとんど参加できませんでした。資金が使い回せるSBI証券・みずほ証券・大和証券と、BB時に資金が必要ない野村証券が主力選手でした。あと、幹事数は少なかったけど後期型の証券会社(楽天証券)の存在はありがたかったです(当選しなかったけど)。

100万円の資金では主幹事+SBI証券(ポイント狙い)しか無理

今回実際にIPOラッシュに資金100万円で参加してみて、100万円の資金では主幹事+αしか参加できないなーと実感しました。


+αはBB参加時に拘束される資金額・IPOスケジュールによりけりです。10万円程度のIPOなら複数の幹事から参加できるし、40万円ぐらいだとスケジュールによっては主幹事しか参加できなかったり。


でも結局はポイントが貯まる&資金が使い回せるSBI証券から参加するのが無難な印象です。


IPO資金は200万円を目指すのがいい?

体感的に資金移動の手間を減らして、なおかつ複数の証券口座からBB参加するならざっくり200万円は必要です。


ただし、200万円あったからといってIPOが当たるとは限りません。資金が倍になったところで、楽にはなるれど当たる確率が倍になるのかといえば微妙。


100万円でも参加できないことはないし、むしろコスパはいい気がします。主幹事が一番当たりやすいし、SBI証券はポイントを貯め続ければいつか当たりますからね。


100万円は常にIPOのために動かせるようにしておいて、あと100万円は予備としてインデックス投資をするのもありかもしれません。

まとめ:100万円でIPO参加は資金移動が大変。200万円目指したい。

実際に100万円の資金でIPOに参加してみて、資金移動が大変・参加できる口座数が限られることから資金は200万円ほど欲しいという感想を持ちました。


ただし、200万円あれば当選しそうというわけではなく、単にIPO参加が楽になりそうということにすぎません。結果的に200万円をただIPOに落選するために使うということにもなりかねないので、私は100万円をIPO資金としておいておいて、100万円を超えたIPO資金(最大100万円)は予備としてインデックス投資に回そうかなと考えています。




最後までお読みいただきありがとうございます!
こんな記事も書いています。
www.mgrhack.com
www.mgrhack.com
www.mgrhack.com