migaru hack

身軽に暮らしたいミニマリストがお金の話をするブログ

ソフトバンクのIPOは当選したら購入申込するべき?辞退するべき?

こんにちは!ゆきかもめです。


ソフトバンクのIPO申込が始まりましたね。
超絶大型IPOということで当選する確率はかなり高く、複数当選も見込めそうな予感です。


しかし、いざ当選すると…

・こんなに当選するってことは、人気がないってことじゃないの!?


・公募割れしてしまったら嫌だなぁ…


と不安になってしまう方も少なくないでしょう。


この記事では、ソフトバンクのIPOが当選したら買うべきか、辞退するべきかについて考えていきたいと思います。

ソフトバンクのIPOが当選したら買うべきか、辞退するべきか

f:id:migaruhack:20181205213213j:plain


ソフトバンクのIPOが当選したら買うべきか、辞退するべきか…それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

ソフトバンクのIPOが当選⇒買うメリット

初値が公募価格(1500円)より高くなれば、利益が出るので嬉しいです。
超大型IPOということでハチャメチャに高い初値が付くことは難しいようですが、+5%~+10%くらいの利益になってもおかしくありません。


仮に10%の利益が出たら100株につき1万円程度増やすことができるので、家族でちょっとおいしいごはんを食べに行くことができますね!

ソフトバンクのIPOが当選⇒買うデメリット

初値が公募価格(1500円)より低くなれば、損が出るので悲しいです。


IPOは初値売りをすればせいぜいー10%までの損で抑えられるということが多いですが、そのまま持っていたら爆死することもあります。
損がでるうえに、売り買いの手数料もかかります。


さらにメンタルにもダメージです。
「買わなければよかった・・・」という後悔が残ります。


また、ソフトバンクのIPOを購入申込すればそのぶん資金は拘束されます。
12月は他にもIPOが目白押し。
資金が少ない方は参加を断念するIPOもでてしまうかもしれません。

ソフトバンクのIPOが当選⇒辞退するメリット

ソフトバンクの初値が公募価格(1500円)より低くなれば、損が回避できたことになり、うれしいです。
「買わなくてよかった!」とホッとすることでしょう。


また、ソフトバンクのIPOを購入申込していたら拘束されていたはずの資金を他のIPOに回すことができます。その資金でもっと利益がでそうなIPOを当選させることができるかもしれません。

ソフトバンクのIPOが当選⇒辞退するデメリット

初値が公募価格(1500円)より高くなれば、利益を逃したことになり、悲しいです。


「買っておけばよかった…」という後悔するかもしれません。


しかし、この後悔は「買わなければよかった…」という後悔よりはマシです。
お金は増えてはいませんが、減ってもいないからです。


まとめ:ソフトバンクのIPOは慎重に判断して!

f:id:migaruhack:20181205213147j:plain


ソフトバンクのIPOを当選したら買うべきか、辞退するべきか…それぞれのメリット・デメリットの比較したのでまとめますね。

・ソフトバンクのIPOを買って、初値が上がったらうれしいが、公募割れしたら損が出るし後悔も残る


・ソフトバンクのIPOを辞退して、公募割れしたら安心するが、初値が上がったらちょっと後悔するどちらにしても利益は出ないが損も出ない。


当たり前のことですが、IPOに当選したらつい舞い上がってしまうのであえて書いてみました。


個人的には、ソフトバンクのIPOは複数当選しても100株~200株程度の購入にとどめておくのがベターかなと思います。
もっと慎重に行くなら、そもそも申込するべきではありません。


そもそもIPOの旨味は上場前からほぼ利益が確定する銘柄があることですから。



「一万円儲かるか一万円損するか、上場するまでさっぱりわからない」というのでは普通の株式投資と何ら変わりはありません。


ソフトバンクのIPOの購入申込は、慎重にいきましょう。

追記:私は100株のみ購入予定です。

IPO抽選結果が出そろい、わたしは300株補欠当選・200株当選でした。
とりあえず100株のみ購入を検討していますが、ギリギリまで粘ります。
www.mgrhack.com



関連記事
www.mgrhack.com