migaru hack

身軽に暮らしたいミニマリストがお金の話をするブログ

【暇な休日の過ごし方】お金をかけずに、何も持たずに楽しむ方法【ぼっち必見】

f:id:migaruhack:20180511180537j:plain

この記事では、予定のない暇な休日にお金をかけずに、何も持たずに楽しむ方法をまとめています。

  • 予定のない休日はぼーっとして終わってしまう・・・
  • ぼっちだと休日を楽しく過ごせない・・・
  • ひとりで過ごすのに、お金をあまりかけたくない・・・

という方の参考になれば幸いです^^

本屋さんを散歩しよう

本屋さんを散歩しましょう。広ければ広いほどいいですね。自分の興味・関心があるコーナーを回るのも楽しいし、今まで気にも留めていなかったジャンルの本も手に取ってみるとわくわくしたり…自分の世界が広がるので、わたしの大好きな暇な休日の過ごし方です!

本屋さんを歩くと、ネットショッピングとはまた違った楽しみがあります。ネットショッピングだと自分の興味のある本を見ることが多いですが、本屋さんだと、自分の興味のあるコーナーの後ろに、まったく興味のなかったコーナーがあります。なんとなく平積みされている本を手に取ると興味がわいて、本棚から関連本を取ってみたりして…まるで、好奇心の芽がむくむくと育つ場所。

なんとなくモヤモヤする、イライラするときには、本屋さん散歩は気分転換になるだけでなく、そのモヤモヤを解決するヒントを見つけられることがあります。ビジネス書・実用書コーナーがおすすめ。
背表紙や帯でハッとすることがありますよ。そんな本は、目次だけでも読む価値ありです。

本屋さん散歩はぼっち休日に最適です。なぜなら、本屋さんや図書館は圧倒的に一人で過ごしている人のほうが多いから。みんなぼっちなので、ぼっちであることを恥ずかしいと感じません。それが普通だからです。
逆に、誰かといっしょにいると、本屋さん散歩は集中できません。気になる本があっても、コンプレックス克服系の本など人に知られたくない場合はスルーしてしまったり・・・。付き合いでまったく興味のないコーナーに足止めされることもあるかもしれません。
ぼっちなら、自分の好奇心のおもむくまま。好奇心がヒットするまでぐるぐると本棚を歩き回り、ピンときたら立ち止まる。そんな自由はぼっちだからこそです。


図書館へ行こう。何も持たずに

何も予定がない休日は、図書館にいくのが定番です。お金も持たずに、なにも持たずに。小さな図書館でも、知らない本がたくさんあって、読み切ることはいくら時間があっても無理だろうなぁ。お尻が許す限り何時間でもいられて、わたしなりに充実した1日を過ごせます。


最近は『人生訓』のコーナーの本を読むのにハマっています。あ行の著者から、順番にしらみつぶしに読む計画です。『楽に生きるには?』『幸せとは?』というジャンルですが、何にフォーカスを当てているか(お金なのか人間関係なのか)、著者によりけりで面白いです。

図書館の魅力は、深く、深く読めること。

あるジャンルの本を『片っ端から読む』というのは、知識の穴を深く掘って行く感覚。

わたしが以前片っ端から読んだジャンルは、マネー本でした。何冊も読むと、『どの本にも共通して書いてあること』がわかってきます。何回も繰り返し同じことを読むことで、今まで知らなかった物事の本質がじぶんの価値観に組み込まれていくのが面白いです。


「宇宙」とか「生き物」とか「歴史」の分野にも興味があるのですが、ひとまず短時間で読める実用書からインプットしていっています。


本は知見、いうなればじぶんの世界を広げてくれるモノですが、何10冊も本を書有することはスマートじゃない。もちろん、何度も読みたい本は購入しますが、ジャンルをつきつめて読みたい時は、図書館に頼っています。