migaru hack

身軽に暮らしたいミニマリストがお金の話をするブログ

自由に使える時間は一日に3時間もない!?自分の時間を増やす工夫4選


やりたいことが多すぎて時間が足りません。

時間の量が足りない現状を振り返ったところ、実際一日のうちやりたいことができる自由な時間はたった3時間しかないことがわかりました。そこで、自分の時間を増やすためにできそうな工夫を考えてみました。やりたいことができずにフラストレーションがたまっている方の参考になれば幸いです。

フルタイム勤務なら平日の自由時間は最大3時間?

f:id:migaruhack:20180726194833p:plain
泥のように寝たい


平日のわたしの時間の使い方をふりかえって気づいたのですが、自由な時間は一日のうちたったの3時間しかないようです・・・。

拘束時間→朝7時から夜6時までの11時間(通勤含む)
睡眠時間→22時~6時の8時間
食事など→2時間くらい?
自由な時間→3時間程度?


休日は拘束時間が自由時間になるので、14時間程度。一週間(168時間)の自由時間は、43時間。最大でおよそ週の四分の一が自由な時間になりますね。


一方、わたしのやりたいことはざっとまとめてこんな感じ。

・読書、漫画、映画、ネットなどでインプット。好奇心満たしたい。
・ブログ、ブログ、ブログ。
・副業の準備。
・心身を整えたい、養生。ヨガや瞑想、お灸など。
・友達・彼氏・家族とのコミュニケーション。お出かけ含む。
・運動。自宅での筋トレや、ウォーキング。


一日3時間ではこのやりたいことはすべてできません。
というか、ブログの更新だけで自由な時間は終わってしまいます。他にやりたいことをやるためには時間の使い方を改めて見直す必要がありそう。


自由に使える時間を増やす工夫4選

早起きで、朝の自由時間を作る

まず見直せそうなのが睡眠時間。寝る前にスマホを見ない日中に軽い運動をするなど、眠りの質をあげるために生活習慣をちまちまと治していかないといけませんが、睡眠時間を減らせばそのぶん自由な時間は増えます


私は8時間寝ていることが多いので、7時間睡眠に移行したいと思います。1時間早く起きれば、朝に自由時間を1時間追加できます! 優しく起こしてくれる目覚ましがいいですね。


無駄な時間(特にスマホを見る時間)を減らす

f:id:migaruhack:20180726195149p:plain
時間泥棒、ラスボス


普段なんとなくやってしまっているような、無駄な時間をそぎ落としていくのも効果的でしょう。
スマホゲーム、無意味なテレビ視聴、ウィンドウショッピングはしないこと。スマホは特に厄介なので、アプリやブックマークの数を減らすのがおすすめです。



以下、無駄な時間の例です。自分の行動を観察していると無駄な時間はたくさんあります。細かいことですが、よく考えると必要のない時間ですよね。

・愚痴を言ったり、どうにもならないことを心配する
・スマホを意味もなくいじる
・二度寝(変な夢を見て疲れがち)
・なかなか寝付けない(寝る直前にスマホを触ったりして)

拘束時間の使い方を変える

f:id:migaruhack:20180726194452p:plain
通勤ストレスもなめちゃだめ


同じ8時間労働でも、通勤時間が短ければ拘束時間も減りますよね。次に職を変えるときは近所で働けるようにしたい。歩きで15分くらいが理想。一番は通勤時間ゼロの在宅で働くことですが。


勤務時間は集中して、残業しないことも大切ですね。

やりたいことに適した時間を意識する

やりたいことには、それぞれ「やるのに適した時間」や「タイミングが」あります。

例えばこんな感じ。

・体力のいること→生理前は避け、体調が良い時を選ぶ。
・時間がかかること(例:インプット)→まとまった時間がとれる休日に。
・頭を使うこと(例:ブログ執筆)→仕事の後より頭すっきりな朝がいい?
・体力も頭も時間も使わないこと(リラックス系)→寝る前が最適?


特にリラックス系のこと(ヨガとかツボ押し)は朝起きてすぐやると、気持ち良すぎて二度寝してしまうので、朝よりも夜寝る前のほうが効率的です。このようにやりたいことに適した時間を見つけていくのも一つ。


まとめ:時間の使い方を見直すには?

やりたいことに使える時間の増やし方は、例として以下の4つ。

・早起きを習慣化して、朝に自分の時間を作る
・無駄な時間を減らす
・拘束時間の使い方を変える
・やりたいことに適した時間を見つける


この記事を書きながら、時間の使い方を考えるのは節約に似ているな、とふと思いました。無駄なお金を徹底的に見直して、やりたいことに使うお金を捻出したり。お金を使いすぎているところを見極めて、他にまわしたり。


家計簿をつけるみたいに時間の記録をつけることを習慣化してもいいかもしれませんね。