migaru hack

身軽に暮らしたいミニマリストがお金の話をするブログ

職を失いたくないなら本業+在宅ライター+ブログ運営の複業スタイルがよさそう

結婚して、子供を産んで…正社員なんて続けられない!

かといって、キャリアを失うのは怖い。

今のお給料&ボーナスを手放したくない!

 

そんな風に、将来のキャリアプランに不安のある女性は少なくないかと思います。そんな女性にとってベストな働き方をいろいろと考えた見た結果、「複業」という答えにたどり着きました。

 

複業とは?

複業は副業とどうちがうの?

複業と副業の違いは以下の通り。

「ふくぎょう」には、長年「副業」という漢字があてられてきました。これは、メインとなる仕事の他に行う、アルバイトや内職などを指す言葉で、「サラリーマンですが、副業で大家をしています」といった使い方をします。

一方、複業というのは、漢字の通り、メインとサブではなく、複数の仕事を同時に行っている状態を指す言葉です。

引用:「複業」とは? | 今話題のパラレルキャリア、副業との違いは? - カオナビ人事用語集

2つ以上の仕事をしているという点では同じですが、本業が決まっていない=すべてが本業である、というのが複業ですね。

 

複業のメリットとは?

仕事はお金を得る=リターンだけでなく、職を失う=リスクもあります。

 

特に女性は、引っ越しを伴う結婚で新卒から勤め続けた会社を辞めざるをえない、保育園が見つからなくて育児のために家にいなければいけない…など、ライフスタイルの変化により職を手放さざるを得ない場合もありますよね。そんな時、複業をしていれば、複数ある仕事のうち、どれか1つは続けられるかもしれません。例えば在宅ワークが複業の1つなら、問題なく続けられるので、職を失い収入がゼロになるというリスクを避けられます。

 

ライフスタイルの変化が少ない男性にも複業のメリットはあります。複数の仕事があれば、ブラック企業からも逃げやすくなりますよね。「ここをやめても行き場があるし、当分は暮らせる」…そんなゆとりを持っていれば、鬱になって精神を病んでしまう前に冷静な判断ができるでしょう。

 

リスクとリターンがある以上、仕事は株と似ています。

1つの会社の株だけ持っている場合、その会社がつぶれたら大損ですが、複数の会社の株を持っていれば、1つの会社がつぶれても、比較的損は少ない。そんな風に、仕事もリスク分散させるべきだ、と私は感じています。

 

失業リスクを分散する複業とは?

先に述べた通り、女性はライフスタイルの変化が原因で仕事を失うことが少なくありません。そんな失業リスクを分散するために、今の本業(会社などで働く仕事)にプラスして、在宅でできる副業を始めてみるのがベストではないでしょうか。

 

クラウドソーシングやブログなど…今の時代、ネットがあれば仕事はできます。本業ほど稼ぐのは難しいです。おそらく最初は全く稼げないでしょう。しかし、副業を複業にするには時間がかかります。調べる限り、継続したもの勝ちな印象があります(特にブログ)。だから、本業がある今から種をまいておくべきです。

 

ストレスフリーに働きたい私の場合。


f:id:migaruhack:20180301183021j:image

 

わたし自身、結婚をすれば今の仕事は続けられないと思うので対策を考えているところです。専業主婦に憧れますが、旦那の収入に依存することこそリスクが大きすぎるので…毎月15~20万は自力で稼いでいきたいです。なので、「ストレスフリーに働く」を目標にしています。

 

私にとって、仕事で感じる一番のストレスは人間関係&対人関係。会社・組織で働けばここは避けては通れないので、複業によりここを最小限にしたい。

 

ざっくりと計画はこんな感じ

  • 今の本業(資格)を活かし、パートで働く。
  • クラウドソーシングでライター業。
  • ブロガー(ブログを発展させていく)

これら3つの仕事をやっていきたいなと思っています。それぞれ1つの仕事だけだと20万も稼ぐのは一苦労だけど、6~7万ずつならハードルはさがりそう。

 

ブロガー・ライターは、わたしは書くことに集中するのが得意なので候補に選びました。クラウドソーシングは最近クラウドワークスに登録して、様子を見ています。

ブログでの収益はまだまだ月6万には届きそうにもないですが・・・今は種ということにしておきます。

 

 

まとめ

ライフスタイルの変化で仕事を失うことのある私たち女性は、複数の仕事を持つ複業をするのがリスクヘッジになってよいのではないでしょうか?

 

私自身はパート+在宅ライター+ブロガーの三本柱で考えています。在宅ライターもブロガーもまとまった収入を得るには時間がかかるので、今から副業としてはじめて複業の種をまいています。