migaru hack

身軽に暮らしたいミニマリストがお金の話をするブログ

洋服を断捨離する手順・コツまとめ|クローゼットの比較写真あり


f:id:migaruhack:20180217180200j:plain


クローゼットに入りきらないほどの衣装持ちだったわたしですが、断捨離にめざめて少しずついらない服(衣装ケース2つ分ほど)を手放したところ、全シーズンの洋服をクローゼットにおさめられるようになりました。


この記事では、大量の服を断捨離した私が気づいた洋服を断捨離するコツをまとめています。

合理的な断捨離の手順を紹介

合理的な断捨離の手順は以下の通り。どんなアイテムでもこの手順で断捨離できます。

1.断捨離したいアイテム(例:セーター)を全部タンスから出しましょう。


2.一軍の服(プライベートレベル)をタンスに戻す。
『人(友達・彼氏)と出かけるときに着たい服』を選んで、タンスに戻します。プライベートで着たいと思うお気に入りの服は断捨離しなくてOKです。
この段階で一軍以下の服が残ります。 残った服はときめかないから全捨て…というのもアリですが、もったいない!と思う方は次のステップへ。


3.二軍の服(仕事レベル)をタンスに戻す。
次は『プライベートでは着たくないけど、仕事などに着ていけそうな服』を、二軍として選んでタンスに収納します。仕事をしていない場合は、ちょっとした買い物などのお出かけに着ていける服を選んでください。


4.三軍の服(部屋着)は、3セット程タンスに戻す。
部屋着などの三軍の服は、3セットもあれば十分でしょう。先に残す数を決めてしまい、お気に入り順にタンスに戻しましょう。


5.残っているものを断捨離する


一度タンスからすべて出してしまい、「お気に入り順」にタンスにしまっていくのがおすすめです。

洋服を断捨離するコツ7選

パーソナルカラーに合わない色の服を断捨離しよう

「自分を操る超集中力」に書かれていた、メンタリストのDaiGoさんのワードローブの組み方にヒントを貰いました。コーディネートの中心にする1つの色(たとえば青)を決めて、他の色は青に合う色にそろえると合わせる服に悩まなくていい、という合理的な服の選び方をされています。


このように、基準にする色=マイカラーを決めてしまえば、断捨離の判断が楽になります。いきなり一色に決めるのは迷ってしまって難しいので、パーソナルカラーを中心に考えて断捨離しましょう。


実際、わたしはブルベ肌&サマータイプなので、黄色がかった色が似あいません。緑や濃い赤は好きな色で悲しいのですが、たしかに着ていると顔色が悪く見えるので、緑・赤色の服を手放しました。

自分の価値を下げる服を断捨離しよう

「あなたがあなたのためにできる最高のこと」という本に書かれていたのですが、「古いけど、まだ着れるから…」「自分しか見ないし、汚れているけどいいや…」という「もったいない精神」で古い服・汚れた服を着ることは、自分の価値を自分で下げてしまっているのと同じことで、自分が無意識下で不機嫌になってしまうそうです。

「もったいないから」という理由で着ている古い服や、趣味の変化などで着るとテンションが下がる服は自分のために断捨離しましょう。


どうしても「まだ着るかも」「もったいない」という思いでなかなか洋服が断捨離できない場合、タンスから出して衣装ケースなどにいれて距離をおくことがおすすめ。 一気に断捨離できなくとも、時間をおけば『もったいない…着るかもしれないし…』というモヤモヤに踏ん切りがつきますよ。

リユースサービスを利用する

捨て方を工夫すれば「もったいない」を卒業できます。


捨てることそのものに抵抗がある場合は、「手放す」という視点に変えてみましょう。リユース&リサイクルのサービスは近所にありませんか?
自分が使っていないものを手放すことで、誰かが使ってくれたり、違う製品の原料になると思えば、もったいない気持ちも薄れるのではないでしょうか?


服やカバンなど、好みが変化していらなくなっただけで、使い切れてないものは、欲しい人に譲れればいいのですが、欲しい人が身近にいるとは限りません。

わたしは捨てるのはもったいないと感じる服・かばん・くつは発展途上国に寄付をしています。近所に回収BOXがあるので、そこにぽんといれるだけです。誰かがまた使ってくれると思えば、気楽に手放せるようになりました^^

もし、近所に回収BOXがない・・・という場合は、ジーユー・ユニクロの「回収BOX」を利用するのがおすすめです。GUとユニクロの商品のみ対象ですが、レジ横や店内のすみっこに設置されている「回収BOX」に古着をいれると寄付されたり、リサイクルに利用されます。
「手放しやすさ」を意識するなら、ワードローブをGUやユニクロで固めるのがベストです。


洋服を断捨離するタイミングは衣替えのついでがベスト

衣替えをしていると、着ていない服・着たくない服がはっきりわかります。終わったシーズンについては「今年全然着なかったなぁ」、新しいシーズンの服については「なんでこんな服買ったんだろう?」といったように。


2シーズン分の服を見れる衣替えは、効率よく断捨離できるのでおすすめ! 断捨離のタイミングは季節のかわりめ、と決めてしまうとよさそうです。

私服を制服化して「必要十分な服の枚数」を知ろう

必要な服は暮らし方で決まります。仕事をしているなら通勤服が必要になりますし、交友関係が広いとそのぶんお出かけ着が必要になりますが、暮らしにあわせてワードローブを制服化するのがおすすめ。必要のない服に気づけますよ。

www.mgrhack.com

ワンマイル着・部屋着は「何枚いるのか」を考える

家にいるとき・近所に出かけるときに着る服、いわゆる『ワンマイル着』は、断捨離できそうでできない服なので増えがち。毎日必要なわけでもないし、収納スペースがもったいない。


洋服を断捨離するためには「何枚あればいいのか」を決めるのが近道です。最大で三日分あれば十分だと思いますので、ワンマイル着のなかから好きな服を3日分だけ残して、あとは断捨離しましょう。


このように、断捨離がうまくすすまないときがあれば、『こんなにいる?必要?』と確認することがおすすめ。「こんなにいらない」と気づけば、じゃあ『何枚あればいい?』と考えられるようになりますよ。

下着・インナーは3セットでじゅうぶん!

意外と収納に場所をとる下着・インナーは3セット(今日着る、明日着る、あさって着る)あれば十分です。

・下着・タンクトップを三枚。
・パンプス用のソックス三枚と、シンプルな黒の靴下を二枚
・ストッキングを三枚


まだ使えるものは、「在庫」として収納しておきましょう。普段使うものとわけておけば、引き出しのなかがごちゃごちゃすることもありません。無理に捨てなくても、これから増えないなら大丈夫です。

セーターを断捨離するタイミングは毛玉取りブラシで決めよう

f:id:migaruhack:20180202182826j:plain


セーターに毛玉ができると断捨離するか悩みますよね。


毛玉ができたセーターを復活させるために毛玉取りブラシを購入したところ、毛玉取りブラシの注意書きには「ブラシ後は毛玉ができやすくなることがあります」と書いてありました。確かにいざ着てみたところ、ふわふわと服の生地がういてしまって、また毛玉ができてもけもけしたセーターに逆戻り。

おそらく毛玉取りブラシはもけもけの毛玉ではなく、白く固まった毛玉を取るためのもの。もけもけの毛玉は毛玉取りブラシでは悪化してしまいます。もけもけ毛玉がひどくなったらセーターの断捨離のタイミングです。

断捨離前後の比較|クローゼット公開

現在のクローゼットはこんなふうになっています。
f:id:migaruhack:20180526193645j:plain

タンスに全シーズンの洋服を収納していますが、スカートやワンピースなどしわになるものは吊り下げ棒に引っ掛けています。着る頻度が高い通勤服やワンマイル着などのワードローブ(普段着)は、取り出しやすいようにクローゼットを開けてすぐの吊り下げ式の収納グッズのに収納。

断捨離前のクローゼットと比較

断捨離前は当然もっとごちゃっとしていました。昔の写真があるのでご覧ください(お目汚し失礼)。


  • 8か月前のクローゼット(2017年9月)

f:id:migaruhack:20180511183415j:plain

実はこのとき、冬服はタンスに入っていません。衣装ケース二つ分、別の場所に置いていました…

  • 半年前のクローゼット(2017年11月)

f:id:migaruhack:20180511183355j:plain

9月と比べてタンスの上がすっきりしたのはカバンを断捨離したからです。タンスの収納棚がカゴですむようになりました。


こんなふうに収納場所の写真を撮るというのも、断捨離をすすめるコツかも。過去の写真を見ると、断捨離してスッキリした様子が一目瞭然で断捨離したやりがいを感じられますし、いまの写真を見ると、「まだまだスッキリさせられそうな場所」に気づけます。断捨離が停滞している方はぜひ試してみてください^^

洋服の断捨離をして衣替えの時短になった

断捨離をする前は衣替えに時間がかかっていました。それに、急に季節が戻って収納ケースにせっかくしまった服をひっぱりだしてきたりとめんどくさい思いをしていました。しかし断捨離を繰り返してタンスに全シーズンの洋服を収納できるようになり、衣替えがすごく楽ちんになりました。


1.今着ている通勤服・部屋着(冬服)をタンスにしまう
2.タンスから、今後着る通勤服・部屋着(春服)を出す


以上です。一瞬です。
もし季節の戻りがあっても、タンスから出して着ればいいのですごく楽です。洋服の断捨離をするのは大変ですが、衣替えの時間が短縮できるのでがんばってよかったな~と季節の変わり目に実感できますよ^^