migaru hack

身軽に暮らす方法を発信するブログ

豊かになりたいなら貯金より投資!投資初心者の私が実践中の資産運用計画を公開

投資はなんだか損しそうでこわい・・・

iDeCo?NISA?・・・用語がわからなくて、難しい!

 

投資に興味はあっても、なんとなく怖いから・わからないからという理由でいまいち一歩が踏み出せないという方は少なくないと思います。

 

わたしも、細かいことはわかりません。それでも、投資をやっていますし、できます。やってみてから学べばいいというスタイルで、わからないことがでてきたらネットで調べて解決しています。

 

そんな超・投資初心者のわたしの資産運用計画を公開します!新社会人~20代の方には特に参考になるかな~と思います。

 

20代からはじめる資産運用計画

(1)iDeCoで投資信託を積み立て投資

iDeCoは、積み立て投資の一種です。わたしは楽天証券を使っています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。
掛金は毎月5,000円から1,000円単位で選ぶことができ、国民年金の被保険者種別、及び他の企業年金の加入状況により、掛金額の上限が異なります。
運用できる商品は、「投資信託」や「定期預金」などです。

 

引用:個人型確定拠出年金(iDeCo)とは | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

 

iDeCoの特徴は、節税効果があってお得なこと。

 

収入にもよりますが、月に2万3000円積み立てている私の場合は、年間約5万円ほどの節税メリットがあります。 さらに、本来なら約20%かかる投資の利益も非課税なので、普通に投資信託を買うのがバカバカしくなります。

 

引用:資産運用/投資のおすすめ度とわかりやすい解説一覧10連発!

 

ただし、iDeCo私的年金というくくりになっているので、60歳にならないと基本的にお金が引き出せませんし、60歳までしか積み立てができません。つまり、節税効果の恩恵を受けられる期間が限られているということです。

 

わたしは社会人になって真っ先にiDeCoを始めました。毎月、限度額の2万3千円を先進国株式の投資信託に積み立てています。株安の影響も受けましたが、ぎりぎり損益プラス状態です。

 

▼iDeCoを半年運用した結果はこちら

www.mgrhack.co

 

(2)積み立てNISAでひふみ年金に賭けてみる

2018年1月からはじまった、積み立てNISAでも積み立て投資をしています。積み立てNISAもiDeCoよりは劣りますが、節税効果があります。

 

 「つみたてNISA(積立NISA)」とは、2018年からはじまる新たな少額投資非課税制度です。
これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。
通常のNISA以上に少額から毎月コツコツ、長期での資産形成を目指す方に向いた制度と言えます。


引用:SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を 

 

わたしは、SBI証券毎月3万3千円(年間限度額÷12)をひふみ年金に積み立てています。株安の影響を受けて、現在は損益マイナスですが、何とかなると思ってゆるーくほっといてます。

 

(3)NISAとiDeCoを限度額まで払えるなら、IPOに挑戦!

投資の初心者なら、とりあえずiDeCoと積み立てNISAをやっておけば間違いない感があります。iDeCoのほうが節税効果が高いので、まずはiDeCoに限度額まで投資→余裕があったら積み立てNISA、というのが合理的。

 

iDeCoと積み立てNISAを限度額まで積み立てても余る場は…選択肢はいろいろあるかと思うのですが、わたしはIPO(新規上場株式)の抽選にチャレンジしています。

 

IPOの仕組みは難しいですが、ざっくりいえば、ただで参加できる宝くじのような株のようなもの。買って、売れば、利益が出る可能性が高い株。

 

IPOする会社は、業績がうなぎのぼりに上がっているイケイケの会社が多い。さらに公開価格は割安に設定されているから、「高くても買いたい」と思っている人が大勢いる。だから初値は公開価格より上昇してつくことが一般的なんだ。

 

引用:IPOスケジュールと初値予想|IPO株の当選確率を上げる買い方

 

利益が出やすい株なので人気があって、抽選に当たらないと買えない。けど、抽選に参加しないと当たらない!というわけで、とにかく抽選に参加しています。SBI証券でコツコツ参加しているのですが、現在13連敗中。いずれ当たると信じて・・・!

 

IPOは資金が多いほど抽選確率が上がります。でも、IPOのためにお金を貯め続けるのはキリがない!ということで、以下の記事を参考にIPO資金の上限を決めました。

 

一番ROI(投資した資本に対して得られる利益の割合)が高くなるのは、IPOが一番増える12月に全銘柄の主幹事に申し込めるぐらい額だと思う。金額にして120万円ぐらいではないだろうか?
もちろん、これ以上資金があったほうが利益額は増える(ただ、資金が増えた分だけ相対的にリターンの割合が低くなる)。

 

引用:IPOスケジュールと初値予想|IPO株の当選確率を上げる買い方

 

私は多めにみつもって、150万をIPO資金の上限にします!このお金は、生活防衛資金(普段の生活で使うお金以外に、事故やけがなどの急な出費に対応する貯金)も兼ねています。

 

IPO攻略のためには複数の証券会社に口座があるといいみたいなので、いまはSBI証券だけですが、みずほ証券大和証券にも口座を作ろうかなと思っています。

 

(4)IPO資金も貯まったら・・・?

わたしは、今年の夏のボーナスまでにIPO資金の調達が完了する計算。(IPOが一発当たってくれたらもっと早く達成できるかもしれません。笑)

 

さて、そのあとはどうしましょう。

 

まだ悩んでいるのですが・・・今後必要になりそうなお金を貯めようかな。ただ、貯金はしたくないので、代わりに低リスクで投資できるETFを随時買おうかなーと検討中。

 

ちなみに、必要になりそうなお金はこんな感じ。

  • 結婚資金:200万(一般的に300~400万?割り勘するとして)
  • 車の買い替え:50万(中古・軽自動車)
  • 未来の子供のためのお金:∞( ^ω^)・・・

IPO資金よりも、はるかにキリのないお金の使い道が見えてしまいました。見なかったことにして、とりあえず250万を目標に。計算上、来年の夏のボーナスで達成できるので、それ以降のことは来年考えます!

 

まとめ:5000円から始める投資計画

投資初心者のわたしの投資計画は以下の通り。本や信頼できるメディアを読んで勉強したので、わりと無難で、低リスクな投資方法だと思います。

 

(1)iDeCo:2万3千円/月を、先進国株式の投資信託に積み立て

(2)積み立てNISA:3万3千円/月を、ひふみ年金(国内株式の投資信託)に積み立て

(3)IPO:最大資金150万円でこつこつ参加。年に一回は当たってほしい。

(4)ETF随時購入:結婚資金+車買い替え代として250万を目標に。

 

いまは利益は微々たるものなのですが、長い目で見れば10年後にはお金がふくらんでくれているのかな~と期待しています。貯金の利息なんて10円付くかつかないか、なこの時代だからこそ、身軽に豊かになるために、こつこつ投資していきましょう!

 
 
Copyright © 2017 migaru hack All rights reserved.