migaru hack

身軽に暮らしたいミニマリストがお金の話をするブログ

自分の「したいこと」がわからない…そんな時に自分に問いかけるべき2つの質問


f:id:migaruhack:20180521180625j:plain



最近、『自分の時間がない!』と感じます。
でも、自分の時間が『量的にない』のではなく、そもそも『自分のしたいことがわからない』ということに気づきました。

みなさんは、自分のしたいことって明確ですか?
なんだか、大人になるにつれて、『するべきこと』が多すぎて、自分のしたいことを見失っていく気がします。

『したいこと』=のんびりする、になっていませんか?

ざっと思いつく「したいこと」ですが。

・マンガや小説を読む
・アニメや映画を見る
・ゲームをする
・寝る

ただの娯楽、ごろごろするという感じ。
うーん、これでいいのかな?ともやもや。
せっかくの自由時間、娯楽に費やしていいのかな…?

したいこと=自分がしてきたことになっていない?

視点を変えて、自分のしたいことではなく、『してみたいこと』を考えてみました。

・勉強(仕事に関係ないこと。心理学、仏教の教えとか)
・字や絵の練習(なぞりがきで練習するもの)
・小説をかく
・アロマテラピーで癒されたい
・お灸をしてみる
・ヨガに通う
・植物を育てる(多肉とかハーブとか)
・塗り絵をする

なんと…たくさん思いつきました!

わたしは、『したいこと』を今まで自分がしてきたことのなかから選んでいたので…
なんだかつまらなかったのかも。
あるいは、「やるべきこと」に追われて疲れていて、「やりたいこと」を考えたときに「自分のエネルギーを消費せずに(受動的に)楽しめること」を考えてしまうのかもしれません。

自分のしたいことがわからないときは、『自分がしてみたいこと』を考えてみると、結果的に自分のしたいことが見つかりそう!
してみたいこと、だと、『夢』『理想』も自由に考えられるからですかね。

まとめ

自分のしたいことがわからない・・・
そんなときには、以下の2つのことを考えてみると、したいことが見つかりそう。

1.のんびりすることや受動的な娯楽が「したいこと」になっていないか?
2.「してみたい」ことはなにか?

試してみてください!